カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ANDREW CHALK/Violin By Night(夜のヴァイオリン) (2011) (アンドリュー・チョーク/UK)

UKのファーラウェイ・プレスから、豪華デジブック仕様での限定リシュー。アンドリュー・チョークはイギリス人エレクトロニクス奏者で、86年にフェリアル・コンファインのユニット名でノイズ畑で活動を始め、オルガヌムやミラー、オーラ等の数多のユニットと並行して、ソロ名義でアンビエント系の作品を制作し続けている。本作は、11年にUKファーラウェイ・プレスからLPとカセット・テープでリリースされたアルバムで、今回新装スリーヴでのCDリリースとなった。裏表紙内側ポケットにCDが収納されている、絵が1枚掲載された22ページの絵本的装丁で、オビ付。メンバーは、エレクトロニクス、ミュージック・コンクレート等のチョーク1人で、従来の範疇にあるアンビエント・ドローン・サウンドを展開。サウンド方面のクレジットがなく、実際どのような作業で制作しているのかは判らないが、例えばオルガンやヴァイオリン、ピアノの音を回転数を遅くしたり逆回転させたり、過剰なリバーヴをカマせて変容させた時のようなドローン音がループするサウンド。オーロラの変化をスローモーションにしたような、非常に淡々とした抽象的な音像で、淡い郷愁感と浮遊感が滲むように拡散する感じ。童話を音像化したような暖か味と、人間臭さを排除した無機的な透明感が同居している印象で、その意味では洗練されていて雰囲気がよく、軽くて薄い甘噛み感十分。もしかすると、この甘噛み感が当世アンビエント・ドローンの狙いの1つで、ドップリと浸かり切らないメディテーション・ミュージックということなのかも知れないが、ともかくも耳に優しく流していて心地好い。

輸入盤/限定プレス
(Psyche/Drone,Ambient,Electronics / Digi-Book CD(2017) / Faraway Press/UK)

ANDREW CHALK/Violin By Night(夜のヴァイオリン) (2011) (アンドリュー・チョーク/UK)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

ANDREW CHALK/Violin By Night(夜のヴァイオリン) (2011) (アンドリュー・チョーク/UK)

Andrew Chalk(electronics,music-concrete)

Produced by Unknown


収録曲目
1.新たな天/A New Heaven
2.夜のバイオリン/Violin By Night
3.階段の亡霊/Spirit On The Staircase
4.黒水/Blackwater
5.赤毛の馬/Red Horses
6.あの頃、そして今/Then And Now
7.堕ちる街/The Falling City
8.月光のルピナス/Lupins In Moonlight
9.青い野原/Blue Field

ページトップへ