カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

DAEMONIA/Live In Tokyo(ライヴ・イン・トーキョー)(Used CD) (2003/Live) (デモニア/Italy)

(中古/USED CD):03年の日本ベル・アンティーク/マーキー盤/国内盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=B+ (汚れ&ダメージ) / DISC=A- (スリ傷有、再生に影響なし)

デモニアは、元ゴブリンのクラウディオ・シモネッティが中心となって99年頃に結成されたユニットというかプロジェクトで、基本的には『ダリオ・アルジェント監督作品を中心に、ホラー映画のサントラをリアレンジしてカヴァーする』というコンセプトらしい。本作は、03年にリリースされたライヴ盤で、02年10月24日に原宿ルイードで行われたライヴ音源を収録したもの。国内プレスのベル・アンティーク/マーキー盤で、ライナーは浅野淳。メンバーは、クラウディオ・シモネッティ、ブルーノ・プレヴィターリ、フェデリコ・アモロージ、ティッタ・ターニの4人編成、曲によってエレナ・ベレーラの女性ソプラノ・スキャット・ボーカルが入る。概ね、メタル色のあるヘヴィ・シンフォニック路線という感じで、クラシカルなキーボード群とメタル調のギターを軸に、重厚なリズムがボトムを支える演奏は、クラブ的大音量感と派手さ十分でわりとノリもよい。「ゾンビ」、「デモンズ」、「サスペリア」、「サスペリア2」、「シャドー」等々、アルジェント/ゴブリンの映画を中心に、アルジェント/シモネッティの「フェノミナ」と「オペラ座/血の喝采」、アルジェント/キース・エマーソンの「インフェルノ」、アルジェント/エンニオ・モリコーネの「スタンダール・シンドローム」の他、ジョン・カーペンターの「ハロウィーン」、ウィリアム・フリードキンの「エクソシスト」などのセレクトも、節操がなくて面白い。この分かりやすいホラー的ステレオ・タイプさとプログレ的味付けのダンサンブルさは、クラブ・サーキット・パッケージングとして完成されている印象。

マーキー盤
(Progressive/Symphonic,Metal,Classic / Jewel-case CD(2003) / Belle Antique/Japan)

DAEMONIA/Live In Tokyo(ライヴ・イン・トーキョー)(Used CD) (2003/Live) (デモニア/Italy)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

DAEMONIA/Live In Tokyo(ライヴ・イン・トーキョー)(Used CD) (2003/Live) (デモニア/Italy)

Claudio Simonetti(kbd)
Bruno Previtali(g)
Federico Amorosi(b)
Titta Tani(ds)
Elena Berera(soprano-vo)

Produced by Claudio Simonetti


収録曲目
01.L'Alba Dei Morti Viventi/死への夜明け
02.Introducing The Band/バンド紹介
03.Demon/デーモン
04.Halloween/ハロウィーン
05.Tubular Bells/チューブラー・ベルズ
06.Inferno/インフェルノ
07.Mater Tenebrarum/闇の聖母
08.Opera/オペラ
09.Toccata E Fuga/トッカータとフーガ
10.Suspiria/サスペリア
11.Tenebre/テネブレ
12.La Sindrome Di Stendhal/スタンダール症候群
13.School At Nght/スクール・アット・ナイト
14.Mad Puppet/マッド・パペット
15.Titta Drums Solo/ドラム・ソロ
16.Simonetti Keyboards Solo/キーボード・ソロ
17.Profondo Rosso/プロフォンド・ロッソ
18.Phenomena/フェノメナ

ページトップへ