カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PETER HAMMILL/In Camera (1974/4th) (ピーター・ハミル/UK)

UKのヴァージン/EMIから、74年9月3日のBBCジョン・ピール・セッション音源等3曲をボーナスで加えての、06年新規リマスターでのリシュー。ピーター・ハミルは、ロンドン出身のシンガー&シンガー・ソング・ライター(SSW)で、何よりヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター(VDGG)のリーダーとして知られていると思う。ソロとVDGGで現在も現役で活動を続ける孤高の巨人。本作は、73年にUKカリスマからリリースされたセカンド・ソロ・アルバムで、VDGGの第1期休止期間中の制作。多くの曲は、エレキ&アコースティック・ギター、ベース、ピアノ、ハーモニウム、シンセ、メロトロン、ボーカルのハミルと、シンセとプログラミング、エンジニア兼任のデヴィッド・ヘンツェルの2人でのレコーディングだが、VDGGの僚友ガイ・エヴェンスが2曲(3,7曲目)で、VDGGのデビュー以前のオリジナル・メンバーだったクリス・ジャッジ・スミスと、VDGGやハミルのカヴァー・アートを手掛けるポール・ホワイトヘッドが1曲(8曲目)で参加している他、ヒュー・バントンがループ・ベース&ピアノでクレジットされている。内省的ダンディズム全開のサイケな1枚で、70年代のソロ・アルバムの中ではもしかしたらカッコよさでは一番かも知れない。ハミルがギターを多用しているので、VDGGと編成は違うのだが、エヴェンスがドラムを叩く2曲はかなりVDGG的な印象を受ける。1,4曲目辺りの内省的な深みはズシっときて、3,7曲目辺りの炸裂感は非常にカッコよく、5曲目のメロトロンもハマっており、8曲目のノイジー&カオティックなアヴァン・ギャルド色は痛快。それにしても、1曲目の静かなオープニングからノックアウトされる、この人のボーカルの圧倒的な存在感と説得力はいったい何であろうか。素晴らしい!。EUプレス盤

輸入盤/デッドストック入荷
(Progressive/Psyche,Heavy Symphonic / Jewel-case CD(2006 Re-master) / Virgin,EMI/UK,EU)

PETER HAMMILL/In Camera (1974/4th) (ピーター・ハミル/UK)

価格:

1,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

PETER HAMMILL/In Camera (1974/4th) (ピーター・ハミル/UK)

Peter Hammill(vo,g,kbd,b)
Guy Evans(ds)
David Jackson(sax)
David Hentschel(syn)
Chris Judge Smith(per,vo)
Paul Whitehead(ds,per)

Produced by Tony Wilson


収録曲目
01.Ferret And Featherbird
02.(No More) The Sub Mariner
03.Tapeworm
04.Again
05.Faint Heart And The Sermon
06.The Comet, The Course, The Tail
07.Go
08.Magog (In Bromine Chambers)

bonus track(1974 BBC):
09.The Emperor In His War Room
10.Faint Heart And The Sermon
11.(No More) The Sub Mariner