カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

FRANCO BATTIATO/Apriti Sesamo (2012) (フランコ・バッティアート/Italy)

イタリアのユニバーサルから、3面開きデジパックでのリリース。クリアー・スリップ・ケース入。フランコ・バッティアートはシチリア島カターニャ出身のアーティストで、作詞、作曲、ボーカル、各種楽器、プロデュース等の音楽畑の他にも、画家やデザイナーとしても知られ、現在も活動を続けているイタリアのビッグ・ネーム。60年代中期にミラノでシンガーとしての活動を開始し68年にデビュー、72年からのブラ・ブラ・レーベル時代はアート・ロック、エレクトロニクス、ミニマル、実験音楽などのサイケ&プログレ系の作品群を制作、79年以降は再びポップ・シンガーとなり、ジュスト・ピオが本格的に絡むようになった80年代末以降は、クラシックの要素も取り入れた独特のサウンドを展開している。本作は、12年にリリースされたアルバムで、メンバーは、バッティアート、サイモン・トン、カルロ・ジュアイトーリ、カルロ・ボッカドロ、ファソ、ゲヴィン・ハリソン(ex.キング・クリムゾン,etc)、ピーノ・ピシェトーラの7人を中心に、曲によってストリングス・クァルテットやパーカス等のゲスト参加がある。80年代以降のエレクトリック・ポップス色と、そこにクラシカルな要素を加えた90年代色を加味した、近年のバッティアート的サウンドと呼べるエレガントなエレポップ路線だが、70年代に展開していたミニマル的要素が隠し味的に入っていて、楽曲には独特の郷愁感が復活している印象。特に、1,4,9曲目辺りの哀愁は抜群で、フワ〜っとした浮遊感満点なのに説得力があって、何とはなしに胸に染み入るバッティアートのボーカルは、相変わらずシンプルで素晴らしい。エレポップながらバンド感のあるバックの演奏にも妙があり、全体に前に出ない淡々とした雰囲気も非常に心地好い。それ程派手さはないが濃密というか、流していて耳触りのよいセンス上等の好盤で、この人の声とボーカルにはある種の達観した優しさがある。

輸入盤
(Progressive/Pops,Psyche,Minimal / Digi-Pack CD(2012) / Universal/Italy)

FRANCO BATTIATO/Apriti Sesamo (2012) (フランコ・バッティアート/Italy)

価格:

2,580円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

FRANCO BATTIATO/Apriti Sesamo (2012) (フランコ・バッティアート/Italy)

Franco Battiato(vo)
Simon Tong(g)
Carlo Guaitoli(p)
Carlo Boccadoro(org)
Faso(b)
Gavin Harrison(ds)
Pino Pischetola(programming)
Gianluca Ruggeri(per)
Chiara Vergati(vo)
Nuovo Quartetto Italiano(strings)

Produced by Franco Battiato


収録曲目
01.Un Irresistibile Richiamo
02.Testamento
03.Quand'ero Giovane
04.Eri Con Me
05.Passacaglia
06.La Polvere Del Branco
07.Caliti Junku
08.Aurora
09.Il Serpente
10.Apriti Sesamo