カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PINK FAIRIES/Never Never Land (1971/1st) (ピンク・フェアリーズ/UK)

UKのポリドール/ユニバーサルから、71年のアルバム未収シングルや未発表別ヴァ−ジョン等4曲をボーナスで加えての、02年新規リマスターでのリシュー。ピンク・フェアリーズは、プリティ・シングスを辞めたトゥインクが、スティーヴ・トックやミック・ファーレーン(ex.デヴィアンツ)等と、メンバーが流動的な状態のままで69年に結成したグループ。ファーレーンのソロ・アルバム「モナ」制作後トゥインクとファーレーンが離脱し、トックはバンド名をシャグラットに変えて継続する。70年になって、シャグラットとは別にトゥインクが新たにピンク・フェアリーズ再編したという流れ。本作は、71年にUKポリドールからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、トゥインクと、元デヴィアンツの3人、ポール・ラドルフ、ダンカン・サンダーソン、ラッセル・ハンターの4人編成、バンドとニール・スレイヴンの共同プロデュース。『色情オカマ』という隠語のバンド名で、当時はカタギの人達からは嫌われたようだが、当時のロンドンではホークウインドと双璧を成すドラッグ・コミュニティだった、デヴィアンツ一派のハード・ロックであり、当然アシッド香り満点のルーズなゆるさが充満していて、スペイシーさはないもののホークスと近似する部分も多い。トゥインクとハンターのツイン・ドラム、サンダーソンのドライヴするベースによるリズム隊はかなり強力で、その上でラドルフのサイケ&ブルージーなギターが縦横に飛び交う様は素直にカッコいい。全体にエッチかつヒップでノリがよく、明る過ぎず暗過ぎずで雰囲気も十分で、プログレ色のあるB級サイケ・ハードとして文句なしの好盤。捨て難いB級感も申し分なく、サイケ文脈のブリティッシュ・ハード系愛好家なら素直に楽しめると思う。カッコよし!。

輸入盤/デッドストック入荷
(Psyche Hard/Psyche,Blues,Progressive / Jewel-case CD(2002 Re-master) / Polydor/UK)

PINK FAIRIES/Never Never Land (1971/1st) (ピンク・フェアリーズ/UK)

価格:

1,880円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

PINK FAIRIES/Never Never Land (1971/1st) (ピンク・フェアリーズ/UK)

Twink(ds,vo)
Paul Rudolph(g,vo)
Duncan Sanderson(b,vo)
Russell Hunter(ds)

Producerd by Pink Fairies & Neil Slaven


収録曲目
01.Do It
02.Heavenly Man
03.Say You Love Me
04.War Girl
05.Never Never Land
06.Track One, Side Two
07.Thor
08.Teenage Rebel
09.Uncle Harry's Last Freakout
10.The Dream Is Just Beginning

bonus track:
11.The Snake (1971 single)
12.Do It (1971 single)
13.War Girl (alter ver.)
14.Uncle Harry's Last Freakout (alter ver.)

ページトップへ