カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MAY BLITZ/Same + The 2nd Of May (1970+71/1+2th) (メイ・ブリッツ/UK,Canada)

UKのBGOから、92年新規リマスターでのリシュー。メイ・ブリッツは、元ジェフ・ベック・グループ(JBG)のトニー・ニューマンが、JBGのアメリカ・ツアーで知り合った若いカナダ人ミュージシャン2人と70年に新に結成したグループで、ヒップ&アングラ色満点のサイケ感とヘヴィネス、ハード調の上等な演奏が融合した稀有なバンド。本作は、70年のファースト「メイ・ブリッツ」と71年のセカンド「ザ・セカンド・オブ・メイ」の全曲を収録したカップリング2in1CDで、2作品ともオリジナルはUKヴァーティゴ。メンバーは、トニー・ニューマン、ジェイムス・ブラック、リード・ハドソンのトリオ編成で、プロデュースはファーストがバンド、セカンドがジョン・アンソニー。どちらも、ブルースを基調としたサイケ色の強いハード・ロックを展開しており、正しくサイケな妖しさと上等なハード・ロック・マナーの演奏が噛み合った、ブリティッシュ・ハードの最高峰。ブラックはクリアトーンやアコースティック・ギターを多用し、ニューマンのドラムは手数が多くかなりジャズ的で、2人共ジャジーなまま狂い盛上がるが殊の外ヘヴィであり、それをハドソンのドライヴ・ベースが纏めていて、トリオのバランスがよいというか無駄がない。形があるようでないサイケな展開、ルーズさ、狂気、ブルージーなリフ、全て文句なしにカッコよく、アシッド色の強いナンバーでの浮遊感もキマっている。ともかくもリズムが心地好く、インプロでの狂い方と一体感は満点で、ギラギラしてるがクールでもあり、盛り上がりの炸裂感は圧巻。この2枚をリリース後バンドは解散し、ニューマンはスリー・マン・アーミー、ボクサー、デヴィッド・ボウイ・バンド等々を渡り歩く。カッコよし!。

輸入盤/デッドストック入荷
(Psyche Hard/Blues,Progressive / Jewel-case CD(1992 Re-master) / BGO/UK)

MAY BLITZ/Same + The 2nd Of May (1970+71/1+2th) (メイ・ブリッツ/UK,Canada)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

MAY BLITZ/Same + The 2nd Of May (1970+71/1+2th) (メイ・ブリッツ/UK,Canada)

James Black(g,vo)
Reid Hudson(b)
Tony Newman(ds,vib)

Producerd by May Blitz(1), John Anthony(2)


収録曲目
"May Blitz (1970/1st)":
01.Smoking The Day Away
02.I Don't Know?
03.Dreaming
04.Squeet
05.Tomorrow May Come
06.Fire Queen
07.Virgin Waters

"The 2nd Of May (1971/2nd)":
08.For Mad Man Only
09.Snakes And Ladders
10.The 25th Of December 1969
11"In Part"
12.8 Mad Grim Nits
13.High Beech
14.Honey Coloured Time
15.Just Thinking