カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

JOANNA NEWSOM/Divers(2LP) (2015/6th) (ジョアンナ・ニューサム/USA)

USAのドラッグ・シティから、限定アナログLPでのリリース。180g重量ヴィニール使用のLP盤で、見開き&コーティング・スリーヴ仕様の2枚組、表スリーヴにも使われたキム・キーヴァーの絵を各曲毎に1枚ずつ11枚掲載した分厚いリリック・ブックレット入。ジョアンナ・ニューサムはカリフォルニア州ネヴァダ・シティ出身の女性シンガー・ソング・ライター(SSW)で、本作は15年にリリースされたセクス・アルバム。前作「ハヴ・ワン・オン・ミー」から5年振りのフル・スタジオ作品。メンバーは、ボーカル、ハープ、ピアノ、メロトロン、シンセ、各種キーボードのジョアンナを核に、前作にも参加していたライアン・フランチェスコーニ、ダン・カントレル、ニール・モーガン、ジュディス・リンセンベルグの他、ケヴィン・ベイカー、ローガン・コアーレ、ピーター・ニューサム等々が曲によって参加している。ジョアンナとノア・ジョージソンの共同プロデュース。前作のケイト・ブッシュ的なプログレ調アンサンブルをさらに発展させた印象で、ハープやピアノ、メロトロン、シンセ等の上品な音色と、リコーダー、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ等のくぐもった響きが、内省的な雰囲気の中で見事なマッチングを見せる。一本調子のオン・リズムな曲はほとんどなく、1曲の中で各パートが出たり入ったりする少し複雑そうなアレンジだが、緩急の濃密さはちょっと圧巻で、非常に流暢で上質かつ上等な室内楽的アンサンブルを堪能できる。この濃密さは、アシッド・フォークというより最早プログレだが、特にハープ、ピアノ、メロトロン、ギターレットの音色のチョイスは絶品で、相変わらずメタファーの使い方が上手い切ない歌詞、語るように歌うボーカルの説得力、全体を覆う淡い哀愁と郷愁感、いずれも心地好く胸に染み込む文句なしの好盤。素晴らしい!。

輸入盤/限定プレス
(Acid Folk/Progressive,Chamber,Psyche / 180g Vinyl 2LP(2015) / Drag City/USA)

JOANNA NEWSOM/Divers(2LP) (2015/6th) (ジョアンナ・ニューサム/USA)

価格:

5,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

JOANNA NEWSOM/Divers(2LP) (2015/6th) (ジョアンナ・ニューサム/USA)

Joanna Newsom(vo,harp,p,el-p,org,syn,clst,mltrn,hpcd,guitaret)
Ryan Francesconi(g,bzki,baglama,b)
Kevin Barker(el-g,bjo)
Dan Cantrell(p,org,acdn,kbd,m-saw)
Logan Coale(d-b)
Neal Morgan(ds,per)
Peter Newsom(ds)
Ben Russell(vln)
Rob Moose(vln)
Matthew Szemela(vln)
Nadia Sirota(vla)
Clarice Jensen(cello)
Judith Linsenberg(rcdr)
Hideaki Aomori(clnt)
Andrew Strain(tb)
David Nelson(tb)
James Austin Smith(eng-hrn)
City Of Prague(orchestra)

Produced by Joanna Newsom & Noah Georgeson


収録曲目
Side A:
1.Anecdotes
2.Sapokanikan
3.Leaving The City

Side B:
1.Goose Eggs
2.Waltz Of The 101st Lightborne
3.The Things I Say

Side C:
1.Divers
2.Same Old Man
3.You Will Not Take My Heart Alive

Side D:
1.A Pin-Light Bent
2.Time, As A Sympton