カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

COLOSSEUM/Valentyne Suite: 2CD Expanded Edition (1969/2nd) (コロシアム/UK)

UKのエソテリック・レコーディングスから、69年4月の本作レコーディング・セッションでの未発表アウトテイク1曲(ディスク1/6曲目)と、70年USAダンヒル/ABC盤「ザ・グラス・イズ・グリーナー」全8曲(ディスク2)の計9曲をボーナスで加えての、17年新規24ビット・リマスターでのリシュー。音質はクリアで迫力もあって非常によい。コロシアムは、元ニュー・ジャズ・オ−ケストラ、グラハム・ボンド・オーガニゼイションのジョン・ハイズマン、ディック・ヘクトール・スミス、トニー・リーヴスが中心となって、68年にロンドンで新たに結成されたグループで、この後テンペスト、モーグル・スラッシュ、コロシアムII、グリーンスレイド等の派生バンドを生んだ、ブルース系ブリティッシュ・ジャズ・ロックのビッグ・ネーム。本作は、69年にUKヴァーティゴからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーは、前作と同じハイズマン、ヘクトール・スミス、リーヴス、デイヴ・グリーンスレイド、ジェームス・リザーランドの5人編成、リーヴスとゲリー・ブロンの共同プロデュース、スリーヴ・デザインはキーフ。概ね、前作の延長線上にあるクリームのジャズ・ロック的展開路線で、モンド系のグルーヴ感とキャッチーさ、アート・ロック的サイケ感も変わらずだが、5曲目の長尺組曲を始めとして全体にアレンジのプログレ度が増している印象。B級ハード調の1曲目やモーグル・スラッシュでリメイクする2曲目など、リザーランド色の強いナンバーも素直にカッコよく、ファーストに劣らずの文句なしの好盤。ボーナスは、ディスク1/6曲目はけっこうな佳曲、「ザ・グラス・イズ・グリーナー」の3曲目以外のギター&ボーカルはデイヴ(クレム)・クレムソン(ex.ベーカルー,ハンブル・パイ,etc)で、こちらもも素直にカッコいい。本作後、リザーランドとリーヴスは脱退し、リザーランドはジョン・ウェットン等と共にモーグル・スラッシュを結成、エドワーズ・ハンドにも参加、リーヴスはウッズ・バンド等を経てグリーンスレイドと共にグリーンスレイドを結成、さらにカーブド・エアへ。

輸入盤
(Progressive/Blues,Jazz Rock,Psyche / Jewel-case 2CD(2017 24bit Re-master) / Esoteric/UK)

COLOSSEUM/Valentyne Suite: 2CD Expanded Edition (1969/2nd) (コロシアム/UK)

価格:

2,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

COLOSSEUM/Valentyne Suite: 2CD Expanded Edition (1969/2nd) (コロシアム/UK)

Jon Hiseman(ds)
Dick Heckstall-Smith(sax,woodwind)
Dave Greenslade(org,p,vib,per)
James Litherland(g,vo)
Tony Reeves(b)
Dave Clempson(g,vo)bonus
Producerd by Tony Reeves & Gerry Bron


収録曲目
(Disc1 "Valentyne Suite"):
1.The Kettle
2.Elegy
3.Butty's Blues
4.The Machine Demands A Sacrifice
5.The Valentyne Suite:
a.January's Search
b.February's Valentyne
c.The Grass Is Greener

bonus track(recorded at Lansdowne studio in April 1969):
6.Tell Me Now (outtake)


(Disc2 "The Grass Is Greener"):
1.Jumping Off The Sun
2.Lost Angels
3.Elegy
4.Butty's Blues
5.Ropr Ladder To The Moon
6.Bolero
7.The Machine Demands A Sacrifice
8.The Grass Is Always Greener

ページトップへ