カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

COLOSSEUM/Those Who Are About To Die Salute You (1969/1st) (コロシアム/UK)

UKのエソテリック・レコーディングスから、68年11月の本作レコーディング・セッションでの未発表アウトテイクやデモ等3曲をボーナスで加えての、17年新規24ビット・リマスターでのリシュー。音質はクリアで迫力もあって非常によい。コロシアムは、元ニュー・ジャズ・オ−ケストラ、グラハム・ボンド・オーガニゼイションのジョン・ハイズマン、ディック・ヘクトール・スミス、トニー・リーヴスが中心となって、68年にロンドンで新たに結成されたグループで、この後テンペスト、モーグル・スラッシュ、コロシアムII、グリーンスレイド等の派生バンドを生んだ、ブルース系ブリティッシュ・ジャズ・ロックのビッグ・ネーム。本作は、69年にUKフォンタナからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、ハイズマン、ヘクトール・スミス、リーヴス、ジェームス・リザーランド、デイヴ・グリーンスレイドの5人編成、リーヴスとゲリー・ブロンの共同プロデュース。例えば、クリームがサイケ&ハード・ロック路線で展開したブルージーなインプロヴィゼイションを、よりジャズ寄りの手法で展開したサウンドというか、かなりのバカテクさとモンド系のグルーヴ感が同居する演奏と、ブルージー&ジャジーな楽曲が見事なマッチングを見せる。楽曲でキャッチーさを担保しつつも、各々が細部でチョコチョコと変テコなことをやっていて、その意味ではサイケ感も十分。ハイズマンの手数王的ドラムはすでに圧巻だが、リーヴスのベースとグリーンスレイドのオルガンもけっこう変態振りを発揮していて、切り込み型のギターと2本吹きサックスの王道感とのバランスも絶妙。ともかくも申し分のないカッコよさを放つ好盤。また、素直にカッコいい9曲目を始めとして、ボーナス・トラックも素直に楽しめる。

輸入盤
(Progressive/Blues,Jazz Rock,Psyche / Jewel-case CD(2017 24bit Re-master) / Esoteric/UK)

COLOSSEUM/Those Who Are About To Die Salute You (1969/1st) (コロシアム/UK)

価格:

2,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

COLOSSEUM/Those Who Are About To Die Salute You (1969/1st) (コロシアム/UK)

Jon Hiseman(ds)
Dick Heckstall-Smith(sax)
Dave Greenslade(kbd)
James Litherland(g,vo)
Tony Reeves(b)

Producerd by Tony Reeves & Gerry Bron


収録曲目
01.Walking In The Park
02.Plenty Hard Luck
03.Mandarin
04.Debut
05.Beware The Ides Of March
06.The Road She Walked Before
07.Backwater Blues
08.Those About To Die

bonus track(recorded at Pye studio in Nov 1968):
09.I Can't Live Without You (outtake)
10.In The Heat Of The Night (outtake)
11.Those About To Die (demo)

ページトップへ